利用者講習会

各共通機器を利用を希望する方は随時利用者講習を行いますので、担当者までご連絡ください。

生命工学トレーニングコース

金沢大学学際科学実験センター遺伝子研究施設では,毎年「生命工学トレーニングコース・遺伝子工学・基礎技術コース」を開催しています。また,本トレーニングコースは医学系研究科博士課程共通教育「遺伝子工学基礎技術コース」(1単位)としても開講されています。

受講を希望される方は、5月〜6月頃に参加者を募集しますので応募いただければ幸いです。

2015、2016年度のトレーニングコースでは,「遺伝子欠損細胞株を樹立しよう!」及び「未知の相互作用するタンパク質を同定しよう!」をテーマに,ゲノム編集技術の一つであるCRISPR/Cas9システムとタグ付きタンパク質を利用したプルダウンアッセイの実験技術の基本原理や実験上の注意事項等について実習を通して学びました。

2016年度トレーニングコース「第31回生命工学トレーニングコース」の概要

開催日時:
2016年7月12日(火) 9:30〜7月15日(金) 16:30
対  象:
大学,病院,試験研究機関,民間企業の研究者,技術者および大学院生等
会  場:
金沢大学学際科学実験センター遺伝子研究施設
内  容:
実習と講義を組み合わせ,遺伝子工学の基本原理に対する理解を深める
  1. ゲノム編集技術の基本原理の理解
  2. ゲノム編集技術CRISPR/Cas9プラスミドの構築
  3. ゲノムDNA抽出とPCR,電気泳動
  4. 動物細胞へのプラスミドのトランスフェクション
  5. タグ付きタンパク質を用いたプルダウンアッセイ
受講人数:
12名