質量分析(タンパク質同定・化合物の質量決定)

質量分析計MALDI TOF/TOF (Sciex 4800 plus)を用いてタンパク質の同定及び化合物の質量決定を行います。 解析結果はメールでお送りします。

料金は以下のようになります。

  • タンパク質同定 3,100円/サンプル
  • NanoLCスポッターシステム 5,700円/サンプル
  • 化合物質量決定 1,100円/1条件

質量分析計(タンパク質同定)

SDS-PAGE等で泳動・染色後に切り出したゲルをお持ちください。 施設にてトリプシンでゲル内消化し、精製後、MALDI TOF/TOF(Sciex 4800 plus)を用いて同定を行います。

タンパク質同定は1サンプルにつき3100円ですが、複数のタンパク質が含まれる場合やカバー率を上げたい場合には、トリプシン消化物をnanoLCにより分取後にMALDI TOF/TOFで解析すると効果的なことがあります。 nanoLCによる分取は、1サンプルにつき5700円です。

サンプル調製及び依頼上の注意点については、「質量分析実験の注意事項」をご覧下さい。

<解析の流れ>

受託シートに必要事項を記入

  ↓

メールにて受託解析を依頼(受託シートを送る)

※解析データをお送りするまで2週間程かかります。

受託サンプル数により遅れることもありますので、ご了承ください。

  ↓

サンプルの持ち込み(遺伝子研究施設3F冷凍庫)

  ↓

トリプシン消化

  ↓ 

質量分析(必要に応じてnanoLC)

  ↓ 

コンピューター解析

   ↓

e-mailにて結果の送付(Excelファイルを送ります)

参考文献

相互作用タンパク質の同定

1. The secreted antifungal protein thionin 2.4 in Arabidopsis thaliana suppresses the toxicity of a fungal fruit body lectin from Fusarium graminearum. Asano T, Miwa A, Maeda K, Kimura M, Nishiuchi T. PLoS Pathog. 2013;9(8):e1003581. doi: 10.1371/journal.ppat.1003581. Epub 2013 Aug 22. PMID:23990790

プロテオーム解析

2. The defense response in Arabidopsis thaliana against Fusarium sporotrichioides. Asano T, Kimura M, Nishiuchi T. Proteome Sci. 2012 Oct 30;10(1):61. doi: 10.1186/1477-5956-10-61. PMID:23110430

解析ソフト(タンパク質同定)

3. The Paragon Algorithm, a next generation search engine that uses sequence temperature values and feature probabilities to identify peptides from tandem mass spectra. Shilov IV, Seymour SL, Patel AA, Loboda A, Tang WH, Keating SP, Hunter CL, Nuwaysir LM, Schaeffer DA. Mol Cell Proteomics. 2007 Sep;6(9):1638-55. Epub 2007 May 27. PMID:17533153

質量分析計(化合物質量決定)

タンパク質以外の化合物にについても解析可能です。

マトリクス等の条件検討を行い、MALDI TOF/TOFを用いて解析を行います。

1サンプル1条件;1,100円

担当:西内巧、富樫真紀(トリプシン消化とMS/MS解析)、森(nanoLC)

サンプル受け渡し等:e-mail: makura@staff.kanazawa-u.ac.jp(富樫 2776)

学術・技術的相談:e-mail: tnish9@staff.kanazawa-u.ac.jp(西内 2772)